安岡デンタルオフィスオフィシャルサイト
インプラント治療Q&A

インプラントとは何ですか?

 

 

 

失った歯の代わりに人体に対し高い親和性と安定性のある金属、チタンでできた人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯冠をかぶせることにより、あなたの歯と同じく咬める治療方法です。
この技術は長期間安定して機能できるようになり、義歯やブリッジなど代替歯に代わる技術として最近注目されています。
治療方法は、まず顎の骨にチタンなどの人工歯根を直接埋め込み、骨と完全に固定されるまで2~3か月ほど待ちます。
その後、人工歯根の上にクラウンなどの人工歯冠をかぶせて完了します。
治療期間は本数や人工歯根の骨との馴染み具合によって異なりますが3~6ヶ月程度です。

インプラント治療が適しているのはどんな人ですか?

 

 

 

ご自身の健康に気を使っておられる方には最適です。
インプラントは全身の健康にもつながります。
歯を削りたくない方、ブリッジや、入れ歯の欠点をよく知っておられる方、入れ歯が合わない方、お食事を楽しみたい方、胃腸の弱い方などです。

 

 

インプラント治療を受けられない人は、どんな人ですか?

 

 

 

心臓病、重度の糖尿病、重度の肝臓病、重度の骨粗しょう症、顎の骨が極めて少ない方などは医学的な理由で不可能です。
ただし、条件しだいでは、可能となることも多いです。
また、歯ブラシがきらいな方、ヘビースモーカー、検診にお越し頂けない方なども社会的習慣的理由から不可能となります。

 

インプラントすると、どんなメリットがありますか?

 

 

 

自分の歯のように何でも良く噛めて違和感がありません。
周りの歯を削らなくても良いので、他の天然歯を守ることができます。
部分入れ歯にしなくても良いので不快感がなく快適です。

 

 

インプラントに欠点はないのですか?

 

 

 

医学的な欠点はありませんが、それ以外で欠点はあります。
外科的な手術が必ず必要です。ただし、手術中の痛みはほとんどありませんし、鎮静下で行うことも可能ですので、大きな欠点ではないです。
インプラントは自由診療となるため、健康保険診療よりも費用がかかります。ただ、インプラントの有用性、健康への寄与度などを考えると決して高い費用とは言えません。
治療期間がかかります。通常、下顎で3ヶ月、上顎で約半年かかります。
その他、施術により1~3ヶ月かかる場合もあります。

 

インプラント治療の成功率は?

 

 

 

インプラントが、骨と結合する率は、約98%です。
骨と結合しない原因は、骨密度が低いことや、骨粗鬆症、糖尿病、歯周病菌による感染、喫煙などが考えられます。
安岡デンタルオフィスでは今まで治療ミスは一切ございません。また万が一成功しなかった場合、治療費用を全額返金させて頂きます。

 

年齢制限はありますか?

 

 

 

16歳未満の患者様には行いません。

 

 

 

手術の際、入院が必要ですか?

 

 

 

入院の必要はありません。

 

 

 

誰でも、インプラント治療は受けられますか?

 

 

 

若年者の場合、成長期が終了したあとにインプラント手術を行うことが望ましいと言われています。
糖尿病などの全身疾患がある方で、外科的な治療を受けることが難しい場合には、内科の主治医にインプラント治療が可能かどうか相談する必要があります。
また妊娠期間中の患者様も治療に影響いたしますので、産婦人科の主治医と相談する必要がございます。
詳しく記載しておりますのでご覧下さい。

即日インプラントは、大丈夫ですか?

 

 

 

ケースによっては大丈夫です。インプラントの長さが10mm以上で、埋入トルク値が35N以上であるなどの制限があります。
ご相談下さいますようお願い申し上げます。

 

 

 

インプラントはどの歯科医師でもできますか?

 

 

 

経験の多い歯科医師の治療を受けられることをおすすめします。どんな職種でも経験が重要です。ましてインプラントは人体に影響を及ぼしますので、熟練した技術と経験豊富な知識を必要とします。

 

 

 

骨の量が少なくてもインプラントはできますか?

 

 

 

骨量の少ない方には、骨を増やす方法(GBR法)や、上顎洞を持ち上げたり(サイナスリフト、ソケットリフト)など、様々な方法で治療可能です。
手術が不可能な場合は非常にまれです。

 

 

 

インプラントの代わりになる治療はありますか?

 

 

 

歯そのものを再生する治療法も現在研究されています。
しかし、実用化のメドは立っておりません。
早く、開発されることを望みますが、実現にはまだ20年以上かかりそうです。
親知らずなどが余っている方の場合には、インプラントではなく自家歯牙移植が可能な場合もあります。

 

インプラントを反対されました。どうすればいいですか?

 

 

 

現在のインプラントは世界で欠損歯治療としてはまず第一に選択される優れた治療法です。
じっくり内容を検討した上で、治療を選択されることを自信を持ってお勧めします。

 

 

手術は痛くないですか?

 

 

 

局所麻酔を十分に行い手術します。
しっかり麻酔が効いていれば、当然全く痛くありません。
また、麻酔自体も痛くなくできます。
それでもまだご心配な方は、麻酔専門医とともに行う、静脈内鎮静法または笑気吸入鎮静法を併用した手術も選ぶことができます。

 

手術後、腫れたりしませんか?

 

 

 

1~2本のインプラントの手術では大きく腫れることはありません。
3本以上の場合とか、大きく骨を触った場合は腫れることもあります。
ただ、腫れたとしても、それは、細菌感染による悪性の腫れなのではありません。
外科刺激に対して体が治ろうとする際の反応性の炎症による腫れです。
また、長びいたとしても1週間から10日で腫れはひきます。

手術と聞いただけで、怖いのですが大丈夫でしょうか?

 

 

 

麻酔が効いてしまえば痛くありません。
どうしても不安が強い方には静脈内鎮静法または、笑気吸入鎮静法を用いて手術を行う方法があります。
全身麻酔ではありませんが、薬剤の効果で不安を取り除き、少し眠くなり、健忘効果で術後の不安も少なくできます。
もちろん副作用はありません。
安岡デンタルオフィスには経験豊富な麻酔専門医がおりますので、最高レベルの安全性で鎮静法下での手術を受けることができます。

 

手術時間はどのくらいかかるのですか?

 

 

 

埋め込む本数が1~2本であれば、30分~50分くらいです。
術前投薬とか、血圧を測ったりとかの時間を入れても長くて1時間半くらいです。
本数が多い場合は、プラス30分くらいかかる場合もあります。