安岡デンタルオフィスオフィシャルサイト

インプラント治療例

上顎犬歯1本欠損

インプラント手術

インプラント手術

インプラント手術

インプラント手術

インプラント手術

case1 上顎犬歯1本欠損

上顎犬歯1本欠損の患者様でブリッジの下に物が詰まるということで来院されました。

インプラントを埋入し、ジルコニアアバットメント(人工ダイアモンドの土台)を連結しました。

オールセラミックスクラウンにて被せさせて頂きました。
両隣の歯をオールセラミックスクラウンにて補綴させて頂きました。
インプラントの土台(アバットメント)が白色なので、歯茎が見えず、非常に喜ばれてらっしゃいます。
物も詰まりにくくなったとのことでした。